スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

読書の件~読めば読むほど莫迦になる~

【第1稿】 2003/02/23 【最終更新日】 2003/03/24

     1

 私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知つてきた事に違ひない。
 確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間違ひではないが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。

     2

《「世界」の裏側を知れば識るほどに、「世界」は【遠ざかつて】ゆく》
 
     3

 其結果吾々は【博識な白痴】と化す。

     4

 私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念ながら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍してゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他には何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつたといふから不思議なものだ。

     5

 W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだらう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモン・ドナツの「穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りやヰトゲンシュタイン的な感傷には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。

     6

 【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。これではレイプ願望とスピイド違反の話しかしない田舎の元ヤンと同じだ。何の為に勉学に励んできたといふのか。ちよつとでも気を抜けば莫迦な自分語が貌を出してくる。これまでに身に付けてきた修辞力も語彙力も元も子もない。何だかまるでダニエル・キイスの『Flowers for Algernon』の主人公チアリ・ゴドンのやうだが、彼はかの小説に特殊な存在として描かれていたのだ。丁度コリン・ヰルスンがドストヱフスキヰ等をカテゴライズしたアウトサイダーの如くに。だが実のところ私もチアリ・ゴドンも変わらない。識る事が増えれば増えるほどに識らない事も増え続け私達は莫迦に近づいてゆく。かといつて識る事を辞めるならそれもまた単なる莫迦なのだ。結局どっちに転んでも結果は同じなのだ。

     7

 人生に悲観した私は其れでもどうにか識つてゐる率が少しは勝つてゐる今のうちに蹴りをつけて有終の美を飾ろうと思ふ。名探偵が迷宮入りしてきた事件を見事に解決してみせてきたやうに《「小説家」は迷宮入りしてきた【小説の解決策】を提示してみせる》べきなのだ。茶川龍之介。この名に産まれた【宿命】だらうか。私もまた先人の晩年に倣ひて「漠然とした不安」を感じつつかのやうにして《小説家の儘》人生を終へやうと思ふのだ。「グッドバイ」これで全て終わりだ。《【小説家】は死んだ。》

     8

 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 カーナビ!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
 チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
カーナビ!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
チンポ×マンコ=セックス!
カーナビ!

     9

カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナベ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ!ナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナベ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナベ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナベ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ!カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナベ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナべ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナベ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナベ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ! カーナビ!

10

先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒生と死と先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒生と死徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒生と死と先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒生と死と先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒生と死と先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒

11

私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
話しかしない田舎の元ヤンと同じだ。何の為に勉学に励んできたといふのか。ちよつとでも気を抜けば莫迦な自分語が貌を出してくる。これまでに身に付けてきた修辞力も語彙力も元も子もない。何だかまるでダニエル・キイスの『Flowers for Arjarnon』の主人公チャアリイ・ゴオドンのやうだが、彼はかの小説に特殊な存在として描かれていたのだ。丁度コリン・ヰルソンがドストヱフスキヰ等をカテゴライズしたアウトサイダーの如くに。だが実のところ私もチャアリイ・ゴオドンも変わらない。識る事が増えれば増えるほどに識らない事も増え続け私達は莫迦に近づいてゆく。かといつて識る事を辞めるならそれ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先もまた単なる莫迦なのだ。結局どっちに転んでも結果は同じなのだ。人生に悲観した私は其れでもどうにか識つてゐる率が少しは勝つてゐる今のうちに蹴りをつけて有終の美を飾ろうと思ふ。名探偵が迷宮入りしてきた事件を見事に解決してみせてきたやうに《「小説家」は迷宮入りしてきた【小説の解決策】チンポ×マンコ=セックス!
を提示してみせる》べきなのだ。茶川龍之介。この名に産まれた【宿命】だらうか。私もまた先人の晩年に倣ひて「漠然とした不安」を感じつつかのやうにして《小説家の儘》人生を終へやうと思ふのだ。「グッドバイ」私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カー界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セック界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
私は《勘違い》してゐたのだ。読めば読むほど物識りになれるだなんて発想自体がそもそも物をよく識らぬが故の浅はかなる妄想に過ぎなかつたのだ。多読に人生を費やしてきた者ならば誰しも其は思い知っチンポ×マンコ=セックス!
てきた事に違ひない。確かに読むことに拠つて一時的に知識が増えたやうに感じるのは間チンポ×マンコ=セックス!
違ひではないナビ! カーナビ! カーナビが、其は只単に《識つてゐる事を識つてゐるやうに読んで》ゐるからそう感じるだけの事で実は《識らない事を識らないように読んで》ゐると読めば読むほどに識らない事も知ってゐる事と比例して増加の一途を辿る運命に在るのだつた。《「世界」の裏側を知れば識るほどに、先生と生徒チンポ×マンコ=セックス!
先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とナビ! カーナビ! カーナビ生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先「世界」は【遠ざかつて】ゆく》其結果吾々は【博識な白痴】と化す。私は一応、新人小説家として文芸誌を賑わせてゐる。そのうえフヲシヲンリヰダとして雑誌グラビヤでセミヌウドになることもあるいけ好かないナアドなモボだ。先ごろ芥川賞候補にはどうにか成つたものの残念な先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先チンポ×マンコ=セックス!
生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先ナビ! カーナビ! カーナビ生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先がら受賞には至らなかつた。人を食つたやうな筆名が禍しナビ! カーナビ! カーナビてゐるやも知れない。「茶川龍之介」といふのだ。しかし本名なのだから仕様がない。パチモンみたいで恥ずかしい事このうえない名前だが、なにしろ本名で小説家としてデビウしろといふのが父唯一の遺言だつたのだ。他に先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生とチンポ×マンコ=セックス!
生徒先生と生徒先生と生徒ナビ! カーナビ! カーナビ先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先は何一つ書かれてゐなかつた。父の文學道楽は異常であつた。自身も作家を志していたものの才能に恵まれず、ハンバガシヲプ経営をしてゐた祖父の会社を潰してまでも私の文学修行に人生を費やしてきたのだ。最期は59万とんで1冊の蔵書に潰されての圧死だつた。致命傷となつた後頭部の打撲は中島敦の『文字禍』が収録された短篇集だつナビ! カーナビ! カーナビたといふから不思議なものだ。W村上のやうに《格好善さ気なもの》を書くのは青年期特有の【見栄】を引き摺つているからだろう。しかし古典や前衛といった市井の生活から乖離した場所に位置する孤高の世界観を持った書物ばかりを慈しんできた私のスタンスはいわばシナモンドーナツの「先生と生徒先生と生ナビ! カーナビ! カーナビ徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生チンポ×マンコ=セックス!
徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先生と生徒先穴」の部分を最もよく好んで食べる甘党仙人のやうなものだ。色恋沙汰や馴れ合い団欒といつたものの無意味さや性欲の崇高性を善く識る私にはその手の日常は詰らないのだ。ニイチェ的な憤りナビ! カーナビ! カーナビやヰトゲンシュタイン的ナビ! カーナビ! カーナビな鑑賞には既に辟易し尽くしてきた。そんなものはまさしく過去の遺物に過ぎないのだ。【世界の真実】を識つてしまつた弊害は残酷な容で私の精神を蝕みつつあつた。体面を保つ事の無意味さを嫌ふが余に隠してゐればよいやうなスキヤンダラスで卑俗な部分ばかりを晒してしまふのだ。こナビ! カーナビ! カーナビれではレイプ願望とスピイド違反のチンポ×マンコ=セックス!
これで全て終わりだ。《【小説家】は死んだ。》

     12

読めば読むほど莫迦になる。   

     13

参考文献(著者名略)

『むちむちぷりん』
『シャコタン・ブギ』
『お前とララバイ』
『バツ×テリー』
『まいっちんぐ!マチコ先生』
『いけない!ルナ先生』
『高校教師』

(了)

スポンサーサイト

2003年02月23日 中篇小説 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。