スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

舞城王太郎がついに芥川賞候補に!

『阿修羅ガール』で三島賞を受賞したメフィスト出身作家・舞城王太郎が、おととい発表された芥川賞候補に入っているとのことで、それに関して2ちゃんねるの文学板に色々と書いたので、コピペしておきます。
以下、2ちゃんに書いたものです。

舞城は三島賞受賞前に発表されていた『鼻クソご飯』(単行本未収録)を読んで以来ずっと注目しているので、芥川賞もGETしちゃってほしいです。舞城の文体が気に入らなくて読めないという人は、とりあえずということで現在発売中の『IKKI』綴じ込み付録の『ピコーン』漫画版を読んでみては如何でしょうか?
ちなみに『ピコーン』は表題作が三島賞候補になった単行本『熊の場所』所収の書き下ろし作品です。

覆面作家といえば『日本人とユダヤ人』のイザヤ・ベンダサンがいますよね。正体は宗教歴史学者の山本七平で、『家畜人ヤプー』の解説なども書いています。沼正三もこの人だったりはしないのでしょうか?

あとポストモダンの旗手・トマス・ピンチョンは人前に姿を現したことがなく、外部の人間との接触はエージェントを通して行うそうです。ネットで調べてみると顔写真がありましたが、本物なんでしょうか?
とにかく経歴に関しては生年月日と出身地のみ明かされているところが、舞城と共通しています。しかもピンチョンは1937年生で、舞城は1973年生。デビュー作がアメリカを舞台にしていたことや翻訳をこなすところからも察するに、舞城が姿を隠しているのはピンチョンの影響ではないかと思われます。

舞城は女性だという説もあるようです。

スポンサーサイト

2004年07月09日 日記 トラックバック(0) コメント(6)

で、工藤様的に一等賞は誰よ?

1970年01月01日 whitestoner URL 編集

芥川賞候補の中でということですよね? やはり舞城です。

1970年01月01日 shinichikudoh URL 編集

じゃ今回の全候補作中二等賞は?

1970年01月01日 whitestoner URL 編集

遅レスでごめんなさい。宮本輝が推している栗田有起も気になっていました。結局、モブ・ノリオがデビュー作で受賞ということで肩透かしを食らってしまいましたが、受賞作と選評が載る予定の『文藝春秋』来月号は購入するつもりです。

1970年01月01日 shinichikudoh URL 編集

次回は出来れば発表前に工藤伸一が選ぶ一等賞、ってのをやっていただきたいと勝手に思ってます。

1970年01月01日 whitestoner URL 編集

前回と前々回は予想がほぼ当たっていたんですよ。2ちゃんの予想スレの過去ログを読んで頂ければわかります。今回はダメでしたが。

1970年01月01日 shinichikudoh URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。