スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

歌集【天才の達人】

髭を剃って髪を整えてよく見れば
鏡の中に天才が居た


理解らんね天才であるこの僕が
苦労しなけりゃならぬ理由など


僕が自分のことを天才だというと
「どこがなぜ何の天才なの?」
とうるさく訊いてくる輩が時たまいるが
野暮なこと訊くなよ、
天才は天才だから天才なのだ


或いはまたこうも言えるな
「僕は誰よりも天才であることにおける天才なのだ」


天才とは天才らしく振る舞うことだと思っていたが
どうやらそれは間違いではなかったらしい


朝七時
ゴールデン・バットを購いに行く天才的な僕の頬を撫でつける
風もまたやはり天才的ではあるまいかね?


「天才は何人いても構わないと思う」
なんて発言をたまにして
器量の広いところをアピールできる点もまた
僕の天才性のたまものなわけよ


「はじめまして
今度僕とセックスしませんか?
通りすがりの天才のこの僕と」


天才であることくらいしかとりえのない僕ではあるが
好きになってくれてありがとう


沢山のファンに混じりて
有り余る僕の才能に僕もひれ伏す


以下、アップ準備中なり。

スポンサーサイト

2002年05月10日 短歌 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。